料理研究家!水島弘史が伝授するシャキシャキ野菜炒めのレシピ

料理研究家の水島弘史さん(オネエなのでしょうか?トークがおもしろいです!)がTV出演されていました。

この記事には、そのときに紹介されていた野菜炒めの作り方をまとめました。

スポンサーリンク


野菜炒めがシャキシャキになる

野菜炒めがシャキシャキにならない、しんなりしてしまう理由は、作り方にあります。

シャキシャキ野菜炒めの作り方は、料理研究家の水島弘史さんに教わりましょう!

ポイントは、「ゆっくり炒めてうまみを閉じ込める」。ゆっくり、というのは、なんと10分です。

弱火で10分炒めるのがポイントです。

シャキシャキ野菜炒めの作り方

risuu

材料:きくらげ、もやし、にんじん、玉ねぎ

1.野菜を切る。玉ねぎは内側と外側を分けて切ると大きさが均一になる。ニンジンはなるべく薄く切る。

2.冷たいフライパンに野菜を入れ、油を注ぎ和える

3.弱火にして10分炒める。2~3分に一回、上下をひっくり返す。

4.一番最後にちょっと(30秒)強火にする

弱火で10分も炒めるのはちょっと長いので根気がいりますが、その分美味しくなります。

「玉ねぎを、内側と外側に分けて切ると大きさが均一になる」というのを、わたしは初めて知りました。

内側と外側に分けると切りやすいし、なにより玉ねぎの見た目が良くなります。

スポンサーリンク



本の紹介

41A5674wV+L._SX342_BO1,204,203,200_

 美味しさの常識を疑え! 強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!

気鋭のシェフが研究を重ねて辿り着いた、科学的調理術。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ポジティブへ
にほんブログ村

デートで彼氏が喜んでくれるお弁当の作り方シリーズ

関連記事

スポンサーリンク