お金の引き寄せ!理想の年収はどこまで具体的にすればいい?

恋愛、結婚、健康、お金・・・なんでも、「願うだけで手に入る」といわれる、引き寄せの法則。

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』

などの本をきっかけとして引き寄せの法則を知った方は、多いでしょう。

この記事には、理想の年収はどこまで具体的にしたらいいのかを書きました。

ぜひご確認を!

スポンサーリンク


こんな人にもオススメ!

heartfamily
引き寄せの法則を使うことは、どんな人に向いているでしょうか?

まず、夢をリストアップする、イメージングするなどのメソッドは、明るく前向きに生きていくために効果的なので、ポジティブになりたい方にオススメです。

また、夢について考えているだけでもモチベーションが上がるので、やる気を出したい方にも良いですよ。

目標を決めるときに大事なこととは?

okane

もし、誰かと夢について語っているときに「あなたの理想の年収はいくらですか?」と聞かれたら、どう答えられますか?

「うーん・・・3000万円くらいだったら、いいです」
「一億円くらいあれば、理想です!」

もし、「~円くらい」というように理想の年収が漠然としているなら、もったいないことです。

なぜなら、夢は、ハッキリと明確になっているほどに叶いやすくなるからです!

では、どれくらいハッキリと明確になっていればいいのでしょうか?

スポンサーリンク



お金持ちになりたいなら

money

お金持ちになりたいなら、理想の年収をどれくらいハッキリと明確にすればいいのでしょうか?

占い師であり作家である羽賀ヒカルさんの著作『ドラゴンノート』によると

具体的に、年間でどれぐらい欲しいのか?

どんな手段で、お金を稼ぎたいのか?

そのお金を、どういう用途で使いたいのか?

これらを具体的にすることが大事なのだそうです。

『ドラゴンノート』には、さらに続けて「市民税」「所得税」などに必要な金額まで明確にしたほうが良いと書かれています。

例を、そのまま引用します!

市民税

所得税

健康保険代

各種保険代

家賃(マイホームを買った場合のローンと税金)

食費(外食代)

教育費(子どもがいる場合)

光熱費

娯楽費(旅行、スポーツ、趣味)

勉強代(本代、セミナー代)

車代(マイカーの場合:ローンと保険代、駐車場代、ガソリン代、車検積み立て)

貯金

寄付(ボランティア、神社仏閣参拝、その他)

家賃

これらにかけたい金額を2、3日かけてもいいのでよく考えて決めると良いです。

考えられたら、素晴らしいです。自ずと、理想の年収もわかるはずです。

理想の年収がハッキリとしたら、願った方向に進んでいけます!

決めるだけで「頑張ろう」という気力が湧いてきますし、ここまで事細かいところまで考えられると、何よりも現実を直視でき、お金を有意義に使えます。

こちらの記事も、人気です!

 願いが叶う潜在意識活用イメージングのコツ

参考にした本はこちらです

 ドラゴンノート 理想の人生を手に入れる究極の願望成就法 (アマゾン)

dragon

仕事、恋愛、人間関係、夢、お金、目標……願望を成就させる秘訣はただ一つ。
「ドラゴンノート」にあなたの望む未来を書き込むだけ!

ドラゴンノートとは、そのノートに記載した願望が成就するという「願望成就ツール」であり、
いわゆる「潜在意識」を最大限に活用するツールである。
本書は「北極流」の継承者である著者が、
歴史に名を刻んだあの偉人賢人たちも使っていた秘術でもあるドラゴンノートの秘密を大公開する。

本書では、「ドラゴンノートの秘密」から「具体的なノートの作り方」まで、
願望成就のための方法論を詳しく紹介する。
巻末付録として、実際に書き込める「ドラゴンノート」が付いている。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ポジティブへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
お金の引き寄せ!理想の年収はどこまで具体的にすればいい? はコメントを受け付けていません。 夢を叶える方法