年賀状の書き出しの挨拶はどう書く?挨拶文「賀詞」の選び方

年賀状の書き出しには、「あけましておめでとうございます」や「賀正」などと挨拶のように書きますよね!

これは、賀詞(がし)といって、祝意を表す言葉です。

目上の方や、お世話になった方に向けて書くときには賀詞の選び方によって、礼儀正しくなったり、失礼になったりします。

この記事には、年賀状の書き出し(挨拶)の簡単な例文を載せました。

送る相手との関係によって、挨拶の言葉を使い分けましょう!

スポンサーリンク


年賀状の書き出しはどう書く?送る相手との関係別「賀詞」の選び方

otokonoko

年長者やビジネスでの大切な取引先や上司へ送るとき

祝意を表す言葉である、賀詞(がし)の種類には、文字数によって、大きく分けて4文字・2文字・1文字・1文の、4種類があります。

そのうち、年長者、上司、お世話になった目上の方に使う祝い言葉は、こちらです!

  • 謹賀新年
  • 謹賀新春
  • 恭賀新年
  • 恭賀新春
  • 謹んで新年のお慶びを申し上げます
  • 謹んで新年のご祝詞を申し上げます

このうちからひとつ選び、「目上の人には、全員に『謹賀新年』と書く!」などと決めて統一すれば、早く書き終わります。

目上の方に向けて使うことを避けるべき賀詞

「謹賀新年」などの4文字の賀詞に比べて、2文字、1文字の賀詞は、略儀的だとされています。

上司や目上の方へ年賀状を送るときには「賀正」「迎春」など、2文字の賀詞と「寿」「福」など、1文字の賀詞を使うことは避けましょう。

スポンサーリンク



目上の人以外の人や友人へ送るとき

目上の人以外の人や友人に使う祝い言葉は、こちらです!

  • あけましておめでとうございます
  • 新年おめでとうございます
  • 新春のお慶びを申し上げます
  • 謹んで新年のお慶びを申し上げます
  • 謹んで新年のご祝詞を申し上げます
  • HAPPY NEW YEAR

スポンサーリンク



年賀状に「A HAPPY NEW YEAR」と書くのは、間違い!?

heart2

Aをつけるか、つけないかで意味が変わります。

HAPPY NEW YEARに、Aをつけた「A HAPPY NEW YEAR」は、「よいお年を」という意味です!

よって、「A HAPPY NEW YEAR」を年賀状に使うのは、正しくありません。

年賀状の挨拶には、Aをつけず、「HAPPY NEW YEAR」と書くと、「あけましておめでとう」という意味になります!

年賀状に何を書いたらいいか迷っている方へおすすめの記事はこちらです
 2017年(酉年)年賀状に何を書けばいいのかわからないときに役立つ文例集

この記事で参考にした本は、こちらです

51uxkx77sl-_sx353_bo1204203200_

 手書きで心を伝える 一筆はがき (アマゾン)

 手書きで心を伝える一筆はがき(楽天)

年賀状は、手書きで心を伝えよう!

一筆書き添えるだけでも相手の心に響く効果がある手書き文字。そんな手書き文字を使った季節のはがき(年賀状、寒中見舞い、暑中見舞いなど)のつくり方を紹介。

関連記事

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ポジティブへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
年賀状の書き出しの挨拶はどう書く?挨拶文「賀詞」の選び方 はコメントを受け付けていません。 お正月 季節の話題