年賀状に何を書けばいいのかわからないときに役立つ文例集

今年も、干支のイラスト・写真など、デザイン豊富な年賀状が発売されていますね。

年賀状は、いざ書き始めると、何を書いたらいいかわからなくなることがありませんか。

そこで、この記事には、年賀状に書く挨拶の基本パターンと、年賀状で友達や両親に、感謝と抱負を伝えられる言葉をいくつかまとめました。

スポンサーリンク


年賀状に何を書けばいいのかがわかる文例集

083798

日頃の感謝を伝えたり新しい年の引き立てを願うときに、使いやすい言葉です。

日頃の感謝を伝える言葉や、無事の越年を喜ぶ言葉

・皆様おそろいで幸多き新年をお迎えのことと存じます。

・昨年中はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。

・旧年中は何かとお世話になり、心からお礼申し上げます。

あまり会えていない人への挨拶(日ごろのご無沙汰を詫びる言葉)

・平素のご無沙汰をお詫び致します。

・すっかりご無沙汰致し、恐縮しております。

・お元気でお過ごしでしょうか。

・相変わらずお元気でご活躍のことと拝察致します。

仕事の同僚や友人への挨拶(励ます言葉)

・今年はお互いに飛躍の年にしましょう。

・ますますのご活躍を期待しています。

結婚・出産の報告に使う言葉

・昨年○月、結婚いたしました。今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。

・ようやく新生活にも慣れてきました。

・子どもと三人、川の字で迎える新年です。

新しい年の交際・指導を願う言葉

・少しでもご期待に添えるよう努力したいと思います。

・今後ともなにとぞお力添えを賜りたくよろしくお願い申し上げます。

健康や幸せを祈る結びの言葉(年賀状の最後に書くと喜ばれます)

・時節がら、健康には一段とご留意くださいますよう。

・なお一層のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

094873

スポンサーリンク



おまけ情報 年賀状に書く挨拶の基本パターン

年賀状に書く挨拶の基本パターンです!

はじめから挨拶文が印刷されている年賀状もありますので、参考程度にされてください。

 賀詞(新年の挨拶)を書く

年賀状のはじめには、「謹賀新年」や「新年おめでとうございます」など、賀詞(新年の挨拶の言葉)を書きます。

賀詞の選び方について詳しく書かれた記事はこちらです 2017年(酉年)年賀状の書き出しはどう書く?挨拶文「賀詞」の選び方

 日頃の感謝を伝える言葉や、無事の越年を喜ぶ言葉を書く

その次に、日頃の感謝を伝える言葉や無事の越年を喜ぶ言葉、さらに、新しい年の引き立てを願う言葉を続けます。

 新しい年の引き立てを願う言葉を書く

 添え書きを書く

 後付け(「平成○年元旦」など)

 住所・名前(裏面に書いてもOK)

基本パターンで書いた年賀状の例です。

賀正

旧年中はひとかたならぬお世話になり、ありがとうございました。

わが家もみんな元気に越年致しました。

本年もよろしくおつきあいのほどお願い申し上げます。

ご家族の皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

平成○年元旦

東京都千代田区~(住所)

本間寿子(名前)

年賀状の書き出し挨拶の書き方がわかる記事はこちらです。

 年賀状の書き出しはどう書く?挨拶文「賀詞」の選び方

スポンサーリンク



この記事で参考にした本は、こちらです

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 手紙とはがきの書き出しと結び―例文を書き写すだけ! (アマゾン)

手紙の「書き出し」と「結び」の文例を多数紹介、手紙の基本を分かりやすく解説した入門書&文例集。オフィスで使うビジネス文章やハガキ、電子メールの基本とマナーも解説。

51bty4df01l-_sx258_bo1204203200_

 年賀状のひとこと文例500(アマゾン)

毎日お世話になっている会社の上司、同僚から、年賀状だけのおつきあいになってしまった旧友まで、書き手の心が伝わるような”ひとこと”の文例500を紹介。

※『年賀状のひとこと文例500』は古い本なので、現代向きではない文例が多く、あまり参考にならないかもしれません。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ポジティブへ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク
年賀状に何を書けばいいのかわからないときに役立つ文例集 はコメントを受け付けていません。 お正月 季節の話題